女性個人事業主の為のWEB制作

[ロリポップ編]ワードプレスで403Errorが表示された時はWAF設定を無効で解決

サーバーがロリポップの方で、ワードプレスの管理画面で403Errorが表示された際の対処方法を紹介します。

現在、このページへのアクセスは禁止されています。

ワードプレスの管理画面で、外観などのカスタマイズをしようとして、403Error「現在、このページへのアクセスは禁止されています。サイト管理者の方はページの権限設定などが適切かご確認ください」との表示が出た時の対処方法です。

ロリポップの管理画面からWAF設定を無効にする

サーバーロリポップの方は、管理画面から→セキュリティ→WAF設定→対象のドメインのWAF設定を無効にすることで解決できます。

無効になるまでに数分かかります。

ワードプレスの更新ができたらWAF設定を有効にするのをお忘れなく

WAFとは、ウェブアプリケーションのやり取りにおける不正侵入を防ぐことができます。

ロリポップでは自動的にWAF設定が有効になっていますので、サイトの改ざんなどから自動的に守ってくれてます。

ですが、CSSやHTMLを編集する時にWAFが有効だと更新ができなくなるので、一時的にロリポップの管理画面からWAF設定を無効にしてあげることでワードプレスの403エラーページが出ずに更新することができます。

更新が完了したらWAF設定を必ず有効に戻し、サイトを悪いウイルスから守ってあげましょう。

ワードプレス管理画面で403Errorが表示された時の対処方法まとめ

ロリポップの管理画面から、セキュリテイ→WAF設定→WAFを無効にする。

ワードプレス内のカスタマイズなどの更新が完了したらWAF設定を有効にするに戻すのを忘れないでください。