女性個人事業主の為のWEB制作

アロマサロン集客できるブログの書き方[テンプレート付]

こんにちは!エステママのweb集客を運営しているHiromiです。
今回はアロマサロンが新規顧客をWEB集客できるようになるためのブログの書き方についてお伝えしていきます。
書き方見本のテンプレートもプレゼントしますので是非集客にお役立てくださいね。

目次

[前置き]私も個人サロン開業当初はアロマサロンからスタートしました

実は私も現役のサロンオーナーで、現在はフェイシャルに特化した超隠れ家サロンwを運営しています。
子供を保育園に預けながら、平日10時〜18時の営業時間で月商7桁を達成できるようになってから、私が実践したweb集客方法やwebマーケティングを開業したい方にお伝えするようになり、今に至ります。

webマーケティングについて勉強するようになってから、本当に集客が楽になりました。

以前の私は自分で言うのもあれですが、超技術者で「施術とサービスが良ければお客さんは来る!」と言う自信があり独立しました。

でも現実ってそう簡単ではありません。

私が集客に悩まなくなったのはwebマーケティングについて勉強し実践を重ねてきたからだと思っています。

webの知識がない初心者オーナーでも今日から実践できる簡単なwebマーケティングの実践方法がブログ集客です。

ブログ集客といっても、アメブロなどの無料ブログではなく、きちんとsサロンのホームページを準備し、ホームページにブログ機能が内蔵されているものを使いましょう。

ホームページにブログ機能が内蔵されている事で、あなたが書いたブログ記事がどんどんサロンのホームページの情報として蓄積されていきます。

すると、あなたのホームページは「良い情報発信をしているコンテンツ」と認識され、ホームページの質が上がり、検索上位に表示されやすくなります。

アロマサロンオーナーが集客する為のブログ投稿は、ホームページにブログ機能が搭載できるワードプレス(WordPress)から始めよう!

ワードプレス(WordPress)とは、ブログやホームページを制作できるソフトで、現在、世界のホームページの1/3はワードプレス(WordPress)で作られています。

サーバー費用(安いものだと月額250円〜)と、ドメイン費用(安いもので100円〜購入できます)が費用としてかかり無料では使えませんが、広告が入らないのでサロンのブランディングを守れます。

また、無料ブログは、ビジネスには不向きで(基本的に商用利用不可)いつサイトを閉鎖されるか分からないという事もありますのでオススメしません。

私はWordPressを使ったホームページ制作を行っていますので、クーポンサイトに頼らずに、自身のサロンのブランディングや、web集客を強化したい方はご相談くださいね。

アロマサロンオーナーが集客の為にブログ記事を書く前に準備しておく事

ではいよいよ本題に入ります。

アロマサロンに新規顧客を集客する為にブログ記事を書く前にまずは決めておいて欲しいことがあります。

アロマサロンに来店されるお客様の中で、どの方に向けて書きますか?

ブログ記事で大切なことは、「お客様にとって有益な情報配信をする事」です。

じゃあ、どのお客様にとって有益な情報配信をしますか?

ざっくりとしたターゲット層ではなく、ある特定のお客様に向けて書いてみてください。

ここで重要になってくるのが「ペルソナ設定」です。

アロマサロンに来店されるお客様のペルソナ設定をするとブログ記事が書きやすくなります

ペルソナ設定を今までしたことがない方は、エステママのweb集客内の無料講座で学べますので是非こちらを参考にしてみてください。

ステママの無料講座はこちら>>>

既に開業し、ある程度お客様がいらっしゃる際は、「このお客様みたいな人がもっと増えると良いな」と思い浮かぶ方を1人決めてみてください。

その方が悩んでいる事、実際に接客中に質問された事などをブログに書いて更新する事で、「お客様にとって有益な情報配信」が自然とできるようになります。

それではペルソナ設定ができたら早速集客に繋がるブログ記事を一緒に書いていきましょう!

アロマサロンの集客できるブログの書き方お客様の悩みが解決できる情報配信をする

ブログを書いて集客を始めよう!と考えた際に多くのサロンオーナーが失敗してしまう理由は「サロン主体の記事」になってしまうからです。
ブログを書いて集客するコツは「お客様目線の記事」を書く事です。

サロンのブログ記事は、お客様がブログを読んだ時に「勉強になった」と思ってもらえるような内容を書きましょう。

お店のメニューや、お店の技術の素晴らしさを伝えたくなるのですが、そのような内容はホームページのメニューページなどにまとめて記載しておくことが大切です。

 

お客様が本当に悩んでいる事は何か?どんな情報を知りたいか?を知る為に必要なのが先ほどご説明した「ペルソナ設定」です。

 

次の項目では、あなたが設定したペルソナがどんな悩みがあり何を知りたいか、どんな情報が有益だと感じるかを調べてブログに書いていく方法をお伝えしますね。

アロマサロン集客できるブログの書き方①Yahoo!知恵袋などのお悩み掲示板を活用しよう

私も実際に活用しているのがYahoo!知恵袋や教えてgooなどのお悩み掲示板です。

あなたのお店に来店して欲しいペルソナが悩んでいそうなキーワードを入力してみます。

例えばですが、不眠で悩みアロマが良いと聞きアロマトリートメントを受けに来ているお客様の場合、 「不眠 アロマ」と検索してみます。

不眠に悩んでいる方でアロマについて関心があり、悩み相談している件数は252件見つかりました。

 

お悩み掲示板はサロンオーナーが気付かないリアルなお客様目線のお悩みを知ることができます。
このお悩みに対して、解決できるようなブログ記事を作ってみましょう。
有益な情報を配信し続ける事で、「いつかこのサロンオーナーの施術を受けてみたいな」と思ってもらえるようになります。

実際に私も有益なブログ配信を続けた事で、近隣のお客様だけではなく、遠方の方や出張の際に立ち寄って頂けるようになりました。

アロマサロン集客できるブログの書き方②実際に来店してくれた際にリサーチしよう

既にアロマサロンを運営している方は、実際にお客様が来店された際に聞かれた事や、相談された事はメモを取るなどして忘れないようにしましょう。

実際のお客様の声が一番強いので、そのような悩みを記事としてブログに書き更新してみてください。

その際は、お客様のプライバシーに関わるような事は記載しないように注意しましょう。

 

アロマサロン集客できるブログの書き方③seoを意識したキーワードと構成を考えて書いてみよう

まずはブログ記事を書くことに慣れて見ることが大事なので、今までブログを書いたことがないという方は①と②を参考にブログを更新してみましょう。

何個か記事を更新し、少しブログ記事を書くことに慣れてきたら、次のステップ「seoを意識したキーワードと構成」で書いてみましょう。

先ほどの例で考えると、不眠で悩みアロマが良いと聞きアロマトリートメントを受けに来ているお客様の場合、来店前にどのようなネット検索をするでしょうか?

 

自分の住んでいる最寄りの駅 アロマ マッサージ

アロマ 不眠

不眠 解決方法

夜眠れない アロマ

 

など色々なワードが連想されますね。

 

この中で、「アロマ 不眠」をキーワードとして設定してみるとします。

アロマサロンで上位表示を狙ったブログ記事を書く場合はキーワード3単語を記事のタイトルと本文に上手に入れていきます。

「アロマ 不眠」だけでは、大手のアロマサロンや、大手のアロマ販売ショップなどに負けてしまいますので、最低でも3単語から設定します。

 

実際に検索してみると、どんな言葉が検索されているのかを知ることができます。

この中から自分の書けそうなワードを選び、ペルソナが読んだ時に有益だと感じてもらえるような記事を書いてみましょう。

アロマサロンで上位表示を狙ったブログ記事を書く場合は見出しを活用しお客様が見やすい構成で書いてみましょう。

見出しとは、記事の段落の事で、ワードプレス(WordPress)のブログ投稿画面ですとこの部分です。

 

ワードプレスのブログ記事投稿では、見出し2から使っていきます。

アロマサロン集客できるブログの書き方テンプレートをプレゼント!

エステママのWEB集客が運営しているメルマガ登録をしてくれた方に、実際に私がアロマサロン集客の為に、ブログ記事投稿で使っていたseoを意識したブログの書き方の構成の見本をお送りしています♫



メルマガ登録後に最初に送られてくるメールに、受け取り用のURLの記載がありますのでそちらから閲覧してくださいね!
WEBマーケティングを身近に楽しく実践
姓   名 
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

アロマサロン集客できるブログの書き方テンプレートまとめ

アロマサロンのブログ発信の基本は、お客様の悩みを解決できる記事を書く事です。
慣れてきたら、seoを意識した構成も取り入れる事で、新規顧客の集客にも繋がります。

私は1つの記事を書くのに2~3日かかっていましたが^^;
今では1つの記事をだいたい1〜2時間くらいで書き上げています。(リサーチなど入れるともう少しかかります)

ブログ集客は地道にコツコツですが、軌道に乗れば必死に記事を書かなくても自動的に集客できるようになりますのでまずは1記事から。
トライしてみてくださいね!