女性個人事業主の為のWEB制作

エステ開業売上UPにはクレジット決済必須!個人でも初期費用0で導入できるクレジットカード決済導入方法をお伝えします。

エステサロン経営で必要なレジ機能とクレジットカード決済の導入方法です。
特にクレジットカード決済を導入する事で売上upにも繋がります。
今回は現役ママエステサロンオーナーでもある私も利用している初期費用0でクレジットカード決済が導入できてレジ機能も備わっている「スクエア」について紹介していきます。

Square(スクエア)のHPはこちら

そもそも個人エステサロンでクレジットカード決済は必要なのか?

個人エステサロンを開業する際にクレジットカード決済を導入されるか悩むところではありますよね。
まず初めにクレジットカード決済を導入するメリットろデメリットについて紹介していきます。

個人エステサロンでクレジット決済を導入するメリットについて

クレジット決済を導入するメリットについて私が感じる事は以下の項目です。

  • キャッシュレス化が進み現金払いよりカード払いができた方がお客様に喜ばれる
  • 施術だけではなく、化粧品も購入したいとなった場合に手持ちがなくて購入できないということが防げる
  • クレジットカード決済を導入すると来店前の事前決済もスムーズにできる。

3つめの項目に関しては事前決済を導入しない場合は関係ないですが、キャンセルを防いだり、男性の方も施術するとなった場合は便利な項目です。

個人エステサロンでクレジット決済を導入するデメリットについて

正直言うと、クレジット決済を導入するデメリットを私はあまり実感してはいないのですが、考えられる項目を書き出してみます。

  • クレジットカード決済を導入するにあたり初期費用がかかる
  • 決済の際の手数料がカード会社から引かれる

決済の手数料はどうしてもかかってきてしまいますが、私が使っている「スクエア」では、手数料が一番安く、初期費用も0円で導入ができます。

エステ開業準備のクレジット決済導入は「スクエア」が便利です。

スクエアを使うと、カード決済が初期費用0円できるようになりレジ機能も付いています。

また、ご自身でお持ちのアイフォンやアイパッドなどのタブレットに専用のリーダーを付けるだけで決済ができます。

個人サロンだけではなくカフェなどでも多く導入されている便利な機能です。

エステ開業準備スクエアの導入方法

まずはこちらのリンクからスクエアのページを開きます。

Square(スクエア)のHPはこちら

今すぐ始めようをクリックし必要な項目を記入していくだけです。

必要な記入項目の中に、サロン住所や電話番号などもあるので、サロンの場所がまだ決まっていない方や屋号が決まってない方は後からも修正はできますが、まずは決まってから登録しましょう。

スクエアのカード決済に必要なカードリーダーは購入する必要があります

カード決済に必要なカードリーダーは別途購入します。私が購入した際は数千円でしたが、キャッシュバックキャンペーンもやっているみたいですね。気になる方はチェックしてみてください。

2019年9月30日まで、カード決済額30万円分に対する手数料が無料となるキャンペーンをやっています。また、カードリーダーも無料になるそうです。

スクエアを導入してから確定申告も楽になりました

スクエアとフリーというアプリを連動することで確定申告がとっても楽チンになりました。

スクエアとフリーというアプリを連動することで、スクエアから決済された売り上げ(現金含む)が自動的にフリーという会計システムに読み込まれるので、売り上げをいちいちて入力する必要がなくなります。

開業した際に面倒なのが確定申告ですが、必要な入力項目をアナウンスしてくれるので、確定申告をしたことがなくて分からないけど税理士に頼む費用を抑えたいという方にはオススメですよ。

エステ開業準備〜初期費用0のレジ機能とクレジットカード決済導入方法〜まとめ

  • 個人エステサロンのクレジットカード決済導入にはスクエアがオススメです
  • スクエアを導入するとフリーという会計アプリを連動すれば確定申告も楽々です。