女性個人事業主の為のWEB制作

個人エステサロン開業するにはまずはオウンドメディアを準備しよう!

こんにちは!エステママのweb集客を運営しているHiromiです。
今回は個人サロンだからこそ実践して欲しい集客方法、オウンドメディアマーケティングについてのお話です。

個人サロンが実践できるオウンドメディアマーケティングとは?

オウンドメディアマーケティングという言葉を耳にした事があるサロンオーナーも多いかと思います。

個人サロンが実践できるオウンドメディアマーケティングとは、

「サロンのメニューについての情報発信という枠を超えて、その周辺領域の情報を発信する事でサロンのファンになって頂き来店を促すマーケティング方法」

です。

お店のホームページやブログ(無料ブログではないもの)から、お客様の願望や欲求を満たす、悩みを解決する為の情報発信をしていく事です顧客獲得を目指します。

サロンのお客様が叶えたい未来を実現できる為の情報を提供しましょう

例えば、あなたのお店に通っているお客様が「痩せて綺麗になりたい」と考えているとします。

その為に、あなたのお店では、「痩せる為の施術」をお客様に提供しているので、自分のお店の施術を受ける事で、なぜダイエットに成功するのか、通い続ける事で理想の体を手に入れる事ができる事を情報発信すると思います。

ですが、あなたのお店に痩せたくて通っているお客様は、お店の施術の素晴らしさだけではなく、日々の食事管理やダイエットに良い食材、食事方法、自宅でのホームケア方法や運動についてなど幅広く関心があります。

なので、あなたのお店がお客様が知りたいと思っている、痩せる為の食事方法や食事管理について、運動方法やホームケア方法などを情報提供の幅を広げる事で、まだ来店した事がない方に対しても自分のお店のファンになってもらう事ができ、囲い込むような形でお店の集客をする事ができます。

自分のお店のメニューという枠を超えて、情報発信をする事で、あらゆる方の満足度を高める→結果としてお店のお客様になって頂くというのが、オウンドメディアマーケティングです。

個人サロンが実践するオウンドメディアマーケティングの3つのメリット

実際に私もオウンドメディアマーケティングを実践する事で、広告費やクーポンサイトに頼る事なく、サロンの集客ができるようになりました。
私の経験をもとに、個人サロンだからこそ実践してメリットがある項目をまとめていきます。

メリット①長期的な集客が楽になります。

例えば、クーポンサイトにサロンを掲載する際は広告費用がかかってしまいます。長期間掲載をすると膨大なコストがかかりますが、このコストは自分自身に返って来ません。

ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどsnsを使用した集客も、費用はかかりませんが、サロンが更新した情報は一度は目に止まったとしても、時間とともに他の情報に埋もれていってしまいます。

その反面、自分のサロンのホームページやブログなどのメディアを持ち、発信した情報はどんどんストックされていき、流れていく事はなく、また無料です。(サーバー費用とドメイン代はかかります)

このように、長期的な集客を考えたときにコストがかからず、情報が流れていく事なくストックしていけるのがオウンドメディアマーケティングのメリットの1つです。

メリット②個人サロンの売りでもあるサロンオーナーの人柄が武器になります

世の中に同じようなサービスを提供しているお店はたくさんあります。

ではお客様が、あなたのお店を選んで実際に予約をしてみようと考える際の判断材料は最終的にはサロンオーナー、あなた自身の人柄です。

例えば、何か商品を買おうと思った時に、熱心で親切な営業マンから勧められるのと、商品に対して情熱がなく不親切な営業マンから勧められるのでは、どちらの営業マンから商品を購入したいでしょうか。

同じ商品でも、最終的な判断は、販売している人の人間性や人柄なのです。

特に、個人サロンの場合は、これが大きく当てはまります。

オウンドメディアマーケティングを理解し、実践できているサロンは、お店のホームページやブログから毎月安定した集客が実現できるようになります。

メリット③まだ来店していないお客様と信頼関係が作れます。

痩せたいと思いサロンに通っているお客様に対して、施術だけではなく、食事方法や、運動方法、ホームケアについてアドバイスをされると思います。

その内容を、ご自身のホームページやブログを使って、まだあった事がない見込み客に対して発信する事で、あなたとまだお会いした事がない見込み客との間で信頼関係が作れるようになります。

すでにファンになっている見込み客が来店した場合に、リピーターになる確率はグンと上がります。

来店したお客様のリピート率を上げる為にもオウンドメディアマーケティングは有効です。

個人サロンが実践するオウンドメディアマーケティングのデメリット

個人サロンオーナーに実践して欲しいオウンドメディアマーケティングのメリットについてお話ししましたが、デメリットもありますので、それを踏まえた上で活用していきましょう。

デメリット①時間がかかる

個人サロンがオウンドメディアマーケティングを実践し、それなりの効果が感じられる(サロンのメディアから集客できるようになる)には、時間がかかります。

お客様にとって有益な情報提供をする以上、ある程度の情報量は必要ですし、ネットで検索上位に表示されない事には、見込み客に見つけてもらう事ができません。

現実問題、個人サロンでは、サロンオーナーが接客から施術、サロン業務を1人でこなさないといけません。

そのサロン業務の空き時間に情報発信もしていくので、どうしても時間がかかってしまいます。

また、seo対策を施しても、上位表示まで持っていくには早くて1ヶ月、3ヶ月はかかると思っておくべきです。

このデメリットの打開策としてsnsを使う事をお勧めします。
ブログなどで更新した情報満載の記事は最初は検索上位には表示されません。
それまでの間はsnsなどで発信する事で、興味を持った方がダイレクトに記事へアクセスしてくれます。

デメリット②メディア構築方法が難しい

自分のサロンのメディア(ホームページやブログ)を構築する際にご自身で全て1からスタートしようとすると専門的な事が多すぎて1人ではメディア構築は難しいです。

また、最初の立ち上げ段階で、メディアの方向性を間違ってしまうと必死に情報提供の記事を書き溜めても誰にも見てもらえないメディアになってしまいます。

メディア構築方法として、私が提案しているのはワードプレス(WordPress)を使ったメディア構築です。
ワードプレスを使うと、サロンのホームページの中にブログ機能が搭載できます。

宣伝になってしまいますが笑
個人サロンの方がオウンドメディアマーケティングを最初の構築段階から方向性を間違わないように、ワードプレスを使ったブログ機能付のホームページ制作を行なっていますので、興味がある方はご相談ください。

デメリット③記事構成を間違えると情報提供だけで終わってしまい集客に繋がらない

いくら素晴らしいお客様のためになる情報提供をしている記事でも、そこから、サロンの予約へと繋げられるような動線を記事内で作っておかないと、アクセスはあるのに、一向に予約に繋がらないメディアになってしまいます。

人は知りたい事をネットで調べ、解決できたらそのままページを閉じてしまいます。

知りたい事を知って尚且つ、あなたのサロンに興味を持ってもらえるように導線を作る必要があります。

読者が、もっとあなたの事を知りたいな、もっとこのお店について知りたいなと感心を持ってもらえるように、記事の最後にお店の紹介や予約への誘導など、上手に導線を作る必要があります。

個人サロン開業前に準備しておくべきオウンドメディアマーケティングについてまとめ

個人サロンだからこそオウンドメディアマーケティングを実践して欲しい理由はこちらです。
①長期的に考えて集客が楽になる
②来店前からのファンを作る事ができる、結果リピート率が上がる
③時間はかかるが、あなたのメディアが育ちブランディングにも繋がる

そして、何より、私が実践し、子供が保育園に通っている平日10時から18時という営業時間にも関わらず、月商7桁を達成できた方法だからです。

私のホームページ制作依頼の中で、オウンドマーケティングを実践できる仕組みを一緒に作っていますので是非実践してみてくださいね。