女性個人事業主の為のWEB制作

Google検索順位が1位なのに表示回数が少ない理由seachconsole

Google seach console(グーグルサーチコンソール )はワードプレスでHPやブログを運営する際に、自分のサイトがどのようなワードで検索されて、クリックされて閲覧されているか、また、どの検索ワードで検索上位が狙えているかを知るためのツールです。

サイト運営しているオーナーさんであれば知っておきたいこの便利なツールですが、サーチコンソールで検索順位が1位のワードなのにも関わらず、表示回数が少ないという事があります。

その理由を解説していきたいと思います。

Google seach console の登録方法や使用方法は別記事に記載していきます。

Google の検索結果に同じワードで2つ以上表示された場合は表示回数が1回のカウントになる

表示回数 – Google の検索結果に表示されたサイトへのリンクの数です。ユーザーがスクロールせず、リンクが実際には表示されなかった場合でもカウントされます。ただし、ユーザーが 1 ページ目しか表示しなかった場合、2 ページ目に以降に表示されるはずだったリンクは表示回数としてはカウントされません。カウントは、サイト別またはページ別に集計されます。画像検索のようにスクロールが無限に続くページは、スクロールされて実際に表示された項目のみが表示回数としてカウントされます。

Google search consoleより引用

https://support.google.com/webmasters/answer/7576553?hl=ja&visit_id=636858748488832455-2885888685&rd=1

グーグル先生の説明によると、いくら検索結果が1ページ目に表示されていたとしても、例えば10位の場合は、検索端末(携帯やPc)の画面に10位まで表示されない限り表示回数には入らないのです。

個別ページの表示回数が結合されるようになった。 以前の検索クエリレポートでは、検索結果に返された個別のページがすべて表示回数としてカウントされていました。新しい検索アナリティクス レポートでは、同じサイトへのすべてのリンクが表示回数 1 回としてカウントされます(ただしページ別または検索のデザイン別にグループ化、絞り込み、比較する場合は別々にカウントされます)。

そして、同じ検索ワードで1ページ目に複数個自分のサイトのURLが表示されると、どれか1つの方だけに表示回数がカウントされるとのこと。

例えば、「エステ 東京」と言うワードで、あなたのサイトのURLが2つ1ページ目に表示されていたとすると、どちらかのURLにだけ表示回数がカウントされると言うことです。

と言うことは、自分のサイトを分析する時には、1番上に表示されているサイトのタイトルリンクを基準として分析する必要がありるんですね。


Google検索順位が1位なのに表示回数が少ない理由seachconsoleまとめ

自分のサロンのサイトがどのようなワードで検索されているのか、そしてどのワードで上位を狙えているのかを知ることは、自分の理想のお客様をサロンへ来店へと繋げるための集客にもつながってくるのでとても大事です。

サーチコンソールのレポートは、まだまだ活用しきれていないサロンオーナー様も多いのではないでしょうか。

普段更新している自分のサロンのブログやHPも、なんとなく書くのではなく、しっかりと集客を意識することで、より充実したコンテンツになっていきますよ♫

ライン登録でお得な情報をGET!

ラインのお友達登録をして頂くと、ブログや講座の更新情報や無料セミナーなどお得なお知らせが受け取れます♫

また友達追加後に秘密の開業成功方法の記事閲覧パスワードもお送りしています。

是非お友達登録してくださいね!

友だち追加