女性個人事業主の為のWEB制作

自宅エステサロン開業時に必要な届出や資格と手続きの流れ

結論からお話すると、自宅エステサロンを開業したい際に必要なものは「開業届」だけです。

その他に必ず必要な届出や資格はありません。

なので、簡単にサロン開業する事ができますが、簡単に開業ができるからといって必ず繁盛サロンになり成功するとは限りません。
そのことを踏まえて自宅エステサロンを繁盛サロンに導くための最初のステップでもある開業までの手続きの流れをまとめていきたいと思います。

自宅エステサロン開業時に必ず必要な届出は開業届だけです。

自宅の1室をエステサロンとして使い、開業したい場合にはサロンオープン前に税務署へ行き開業届けを提出する必要があります。

詳しくはこちらの記事からどうぞ^^

自宅エステサロン開業届けの提出方法を分かりやすく解説します>>

自宅エステサロン開業時に必ず必要な資格は特にありません

美容師やまつげエクステを開業する際は国家資格である「美容師免許」が必要ですが、エステサロンの場合は国家資格はなく民間の資格のみですので必ず必要な資格はありません。

自宅エステサロン開業に資格は必要ないですが技術力がないと繁盛サロンは作れません

資格が必要ないからといって、エステの技術や知識を何も勉強していないサロンにお客様は足を運びたいと思うでしょうか?

答えはノーですよね。

エステの民間資格として有名なのが、一般社団法人日本エステティック協会の資格や、国際資格でもあるCIDESCOが代表的です。

上記の資格はエステ業界では有名ですので、エステティシャンになりたいという方は資格取得を目指すのも良いでしょう。

その他にもある特定の技術に特化した民間資格なども多数ありますので、自分が提供したいサービスに合う資格を取得されてみてください。

自宅エステサロン開業時に保健所への届出は不要です。

自宅エステサロンを開業される際は保健所への届出は不要です。

ただし、エステではなく、まつげエクステや美容院、眉毛カットなど美容師免許が必要なサービスを提供する際は保健所への届出は必要となります。

自宅エステサロンにてシャワー利用をサービスの1つとして提供する際には保健所への届出が必要な場合があります

施術後のシャワーの利用をサービスの1つとして提供する際は自治体によって保健所への届出が必要な場合がありますのでご注意ください。

自宅エステサロン開業し繁盛サロンを作る為の手続きや準備の流れ

自宅エステサロンを開業するのは自宅の1室をエステルームへと準備し、開業届けを提出すれば簡単に開業できてしまいます。

ですが、簡単に開業できる分、開業してから1年以内に潰れてしまうサロンは約7割です。

多数の個人サロンの中からあなたのお店を選んで頂く為には、事前のサロン運営の戦略を立てることが大切です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください^^

子育てママでも実践できるリピート率90%の繁盛サロンの作り方>>

自宅エステサロン開業時に必要な届出や資格と手続きの流れまとめ

自宅エステサロンを開業する為には、自宅の1室をエステルームへと準備し、開業届けを提出すれば簡単に自宅エステサロンをオープンできます。

簡単に開業できますが1つの事業としてスタートさせるわけですので、自宅サロンとはいえ、きちんとサロンの方向性やコンセプト、集客方法などを考えておかないとすぐに廃業届を提出するような結果になってしまいますので、戦略を立てて繁盛サロンを作っていきましょう。