女性個人事業主の為のWEB制作

WordPressパスワードが入力できなくてログインできない時の対処方法

WordPress(ワードプレス)のログイン画面でIDは入力できるが、パスワードが急に入力できなくなってログインが出来なくなって困っている方からのご相談がありましたので解決方法をシェアしたいと思います。
同じようなトラブルになってしまった方は是非参考にしてみてくださいね。

WordPressのログイン画面パスワードが入力できなくなった理由

今回ご相談頂いた方のワードプレスを確認させて頂いたところ、IDは通常に入力できるのですがパスワードの入力ボックスに文字が入力できない状態になってしまっていました。

色々とヒアリングをさせて頂き、もしや原因はプラグインの入れ過ぎでは???と思いましたのでサーバーから直接確認させて頂いたところ、なんと使用していたプラグインが18個。

プラグインの組み合わせが悪くて正常に動かなくなってしまったのが原因でした。

プラグインを入れすぎると、正常に作動しなくなるケースが多いので、多くても10個くらいまでにすることをお勧めします。

WordPressパスワードが入力できなくてログインできない原因はプラグインの入れ過ぎ

と言うことで、プラグインを一度全て無効化にすれば問題解決します。

ワードプレスのログイン画面から入れない状態でプラグインを全て無効化する場合は、サーバーに接続しFTPから編集をしましょう。

使用しているサーバーのFTPに接続する。

  • ロリポップ使用の場合→管理画面→サーバーの管理設定→ロリポップFTP
  • エックスサーバー使用の場合→管理画面→ご契約一覧→サーバー→ファイル管理

上記の方法でアクセスできます。

その他のサーバーの場合は、管理画面からFT P編集などの項目を見つけてください。

サーバーからWordPressに入れているプラグインを無効化する方法

ログインできなくなっているワードプレスのデータを入れているファイルを選択し、その中から「wp-content」→「plugins」と書かれているファイルを見つけます。

「plugins」のファイル名を「plugins1」などの別名に変更します。

名前を変更する事で、自動的にインストールされているプラグイン が全て無効化されます。

ファイル名変更後、無事WordPressのログイン画面にてパスワードが入力できるようになり、管理画面に入ることができました。

WordPressの管理画面に入れたらファイル名を元の名前に戻すことを忘れずに

一度ログインしてしまえばしばらくはログイン状態が保存されますので、その間に先ほど変更したファイル名をもとに戻しましょう。

その後、WordPressのプラグイン一覧に戻り、本当に必要なプラグインを10個程度まで有効化しましょう。

WordPressパスワードが入力できなくてログインできない時の対処方法まとめ

プラグインを使うと色々とカスタマイズができるのでたくさん入れたくなってしまいますが、入れすぎると誤作動の原因になってしまいますので気を付けましょう!

当サイトはÜMINOTEが運営しています。

WEBマーケティングをもっと身近に。

あなたの事業のスタートダッシュの「ウミノテ」になれるように。

WordPress(ワードプレス)を使ったWEB制作や集客を得意としておりますのでお困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせください。

ラインのお友達登録をして頂くと、ブログの更新情報が受け取れます。
WordPressに関する情報など配信していますので是非気軽にお友達登録してくださいね!

友だち追加